ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
45.会社員時代にコピーとして考えた “心は言葉につつまれて”新着!!

――2枚目のシングル『我思うゆえに我あり』の2曲目のカップリングは、アルバム『新しき魂の光と道』収録の『毎日の日々』の別ヴァージョンの『毎日の日々(その2)』です。 アコギヴァージョンですね。使っているアコギは当時のビク […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
44.楽曲を作ることだけで過ぎていたデビュー後の日々

――『幸せであるように』で1990年4月4日にデビューしたFLYING KIDSは翌5日、6日に日清パワーステーションで、そして6月10日に単独初ホール公演“陸の王者大行進 梅雨”を渋谷公会堂で、さらに8月25日に“魅惑 […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
43.自由すぎる『おやすみなさい』、『続いてゆくのかな』完成後の想い

――アルバム10曲目の『おやすみなさい』はフランス民謡の『フレールジャック』の浜崎バージョンです。  当時僕がクラブイベントとかに飛び入りした時に、独唱していた曲です。歌詞は勝手につけているし、メロディを足し、タイトルも […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
42.栃木の思い出がベース『きのうの世界』、物議を醸した『君が昔愛した人』

――『幸せであるように』に続く8曲目は『きのうの世界』です。   当時ボビー・ウーマックにハマってた加藤が作ってきた曲です。それがどうして『きのうの世界』という歌詞になったのか、その過程は全然憶えてないですけど […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
41.いまだによくわからないところがある『我思うゆえに我あり』

――アルバム6曲目は『我想うゆえに我あり』。音源化されている2番目に古い曲です。  確か「BRUTUS」だったと思うけど、ファッションのページでデカルトの“我想うゆえに我あり”を見つけてびっくりしたんですよ。哲学の教科書 […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
40. 2曲をつなげた経緯は謎のまま『ぼくはぼくを信じて~満ち足りた男』

――『満ち足りた男』のヴォーカルは丸山さん。歌詞は浜崎さんです。  これもメンバーとセッションしながら作ったんだと思います。おもしろがってヴォーカルを自分以外にしようと考えたんでしょうけど、それが加藤でもじゅんちゃんでも […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
39.クールなサウンドに“激情”たっぷりの歌詞『ちゅるちゅるベイビー』

――アルバム4曲目の『ちゅるちゅるベイビー』は、音源化されている最も古い曲です。 サウンドはほぼフュージョンですけど、そこに飯野さんや丸山さんや加藤のハイセンスなコードワークが散りばめられていてすごくクールでかっちょいい […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
38.FK初の丸山曲『キャンプファイヤー』、ラフで深い『行け行けじゅんちゃん』

――アルバム2曲目の『キャンプファイヤー』はどんな経緯で?  丸山さんが作ってきた曲がもとになっています。丸山さんが他でやってるバンドに書いたオリジナルを聴いて、「いい曲いっぱいあるなー」と思ってましたけど、FLYING […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
37.意味がないようで実はある『あれの歌』

――アルバムのタイトルの『続いてゆくのかな』はどんな意図で?  提案したのは僕です。ぱっと閃いたんですよ。提案した時は「当然、続くでしょう」という自信がありましたけど、“かな”と斜に構えてる感じがおもしろいんじゃないの? […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
36.マニアックすぎてアルバムに入らなかった『国民の皆さん』

――『幸せであるように』を求められすぎて、歌うのがいやになったことはないですか。  案外、ないんですよ。「今日は歌わなくてもいいかな」と思う時もありますけど、歌い始めちゃえばそれなりに“格闘”が始まるというか。ルーティー […]

続きを読む