ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
9. 絵を描く目、ものを見る目

――絵を描く人は“ものを見る目”が優れていると私は思っているんですが、絵を描くことは浜崎さんの作品作りにどんな影響を与えていますか。  影響がないとは言えないと思いますけど、“絵の才能”を自分自身で強く感じていたわけでは […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
8. 絵と漫画も好きだった少年時代

――浜崎さんは絵を描くのも子どもの頃から得意だったんですよね。  得意というか、好きでしたね。絵で賞をもらったり、人に褒めてもらうこともなかったわけじゃないけど、自分で自分の絵はいいと思っていたし、絵も漫画も、描くのは本 […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
7. 高校時代の出会いとバンド活動

――FLYING KIDSのギタリストの加藤英彦さんと浜崎さんが出会ったのは、栃木県立宇都宮東高校時代です。 通学途中で初めて加藤を見かけた時は、“めちゃイケメンがいるなー”と思いましたね。僕の家は宇都宮の田舎だったけど […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
6.音楽に救われる

――栃木県立宇都宮東高校に進学して、世界が広がり閉塞感が薄らぐようなことはなかったのでしょうか。  男子校だったのにはびっくりでしたけど、非常に自由でカジュアルな空気感の高校だったのはとてもよかったです。全校集会で生徒た […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
5.シャウターへの憧れ

――将来は音楽で・・と思い描くようになったのはいつ頃から?  中学生になってレッド・ツェッペリンとかザ・フーとかザ・キンクスとか、ビートルズ以外のブリティッシュ・ロックをよく聴くようになるんですが、その頃にはもう“ミュー […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
4.歌う浜崎少年

――子どもの頃から好きな歌、気に入った歌はよく口ずさんでいたんですか。  歌ってましたね。僕だけじゃなく家族がみんな、歌ってました。親戚が集まる正月は、みんなの手拍子に合わせて酔っ払った父親やおじさんが歌ったりもしてたし […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
3.子どもの頃に好きだった音楽 その2

――歌謡曲に興味はなかったんですか。  洋楽の方が好きでしたからね。でも天地真理さんの『恋する夏の日』(1973年)は大好きでした。あとは郷ひろみさんかな。今、ちょっと研究中なんですけど、郷ひろみさんってすごくポップじゃ […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
2.子どもの頃に好きだった音楽 その1

――子どもの頃から音楽は身の回りに溢れていたんですか。  音楽は家でしょっちゅうかかってました。父親は県庁職員で母親は普通の主婦、どちらも音楽が得意だったわけじゃないし、造詣や理解が深くもなかったと思うけど、音楽が好きだ […]

続きを読む
ハマミチ ~ “浜崎貴司” ができるまで
1. 音楽との出会い

――最初に衝撃を受けた音楽との出会いを教えてください。  兄貴が先輩から借りてきたザ・ビートルズの『イエスタディ』(1965年)です。それを兄貴がポータブルプレイヤーでかけた時に「なんだ、これ!?」ってすごくびっくりした […]

続きを読む