2926円 タリスカー 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ] 食品・飲料・お酒 お酒 洋酒・リキュール 700ml,2926円,],ウイスキー,タリスカー,箱入り,/levo1202552.html,10年,食品・飲料・お酒 , お酒 , 洋酒・リキュール,イギリス,hamazaki.org,[ 700ml,2926円,],ウイスキー,タリスカー,箱入り,/levo1202552.html,10年,食品・飲料・お酒 , お酒 , 洋酒・リキュール,イギリス,hamazaki.org,[ 激安セール タリスカー 10年 箱入り イギリス ウイスキー 700ml 激安セール タリスカー 10年 箱入り イギリス ウイスキー 700ml 2926円 タリスカー 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ] 食品・飲料・お酒 お酒 洋酒・リキュール

激安セール タリスカー 10年 箱入り イギリス 輸入 ウイスキー 700ml

タリスカー 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

2926円

タリスカー 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

商品の説明

商品紹介

スコットランド、スカイ島で最も歴史ある蒸留所が生み出す力強いシングルモルトスコッチウイスキー。スカイ島は「ミストアイランド(霧の島)」と呼ばれる自然環境の厳しい島、タリスカー蒸留所はロッホ ハーポートの入り江に位置します。その特徴は、まるで海の潮風を味わっているかのような風味と力強い黒胡椒の香味にあり、タリスカーのすべてのラベルに書かれている「MADE BY THE SEA」は、蒸留所の生産者たちのスカイ島の自然、海への深い感謝とともに、スカイ島の自然をまさに体現したシングルモルトであることを示す言葉なのです。『宝島』の著者であるロバート・ルイス・スチーブンソンに「King of Drinks(酒の王様)」と評されたほど熱烈なファンのいる、長く愛され続けているシングルモルトです。

原材料・成分

大麦


メーカーより

タリスカー 10年 タリスカー ストーム タリスカー ポートリー タリスカー 57°ノース タリスカー 18年
タリスカー 10年 タリスカー ストーム タリスカー ポートリー タリスカー 57°ノース タリスカー 18年
特徴 「宝島」や「ジギル博士とハイド氏」などの著書があるR.L.スチーブンソンが「King o' Drink(酒の王様)」と絶賛したタリスカー蒸留所を代表する商品。10年の熟成を経たタリスカーは正にスカイ島のラギッドな自然をそのままボトルにしたような強烈な個性を持っている。 スカイ島を襲う嵐(STORM)のように、激しい潮風をイメージさせる商品です。年代の異なる様々な原酒をヴァッテッド(ブレンド)することで、タリスカーの理想の味わいを生み出しています。潮の香りだけではなく、味わいも荒れ狂った海を思い起こさせる、ラギッドな1本です。 アメリカンオークとヨーロピアンオークのリフィル樽で熟成させた原酒と、ヘヴィリーチャーした(内側を強く焦がした)樽で熟成させた原酒をバッティングし、ポートワイン樽で追加熟成させたタリスカーです。ポートリーとは、スカイ島最大の港町の名前です。 タリスカー蒸留所の緯度にちなんで名付けられました。100%アメリカンオークのリフィル​​樽で熟成された特別なシングルモルトです。タリスカーのユニークで強烈な蒸留所の個性を強調するかのような純度が魅力です 貴重な長期熟成原酒を使用した、年間限定生産商品。2007年にはWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)において、世界1位のウイスキーに選ばれました。著名なウイスキー評論家から「エレガントでスモーキー、欠点の全く無い理想のシングルモルト!」と絶賛されています。
香り ほのかな海水の塩、生ガキ、そして柑橘系の甘みを感じさせる、力強いピートのスモーキーな香り。 スパイシー、甘美なスモーク香や黒胡椒の刺激と共に蜂蜜風味の甘い麦芽の香り。 完熟したプラムのような甘さを伴う、枯れ木を燃やしたようなスモーキーさ。 クリーンで強烈、マッチを擦ったような軽いスモーキーさ。クリーミーなトフィーとフルーツ、海草、ヘザーの花、バニラのニュアンス。 豊かでフルーティ。オレンジの皮、スモモ、背景にスモーキーさを感じる。このスモーキーさが次第に前面に出てきて、軽いミントの香りが絡んでくる。
味わい 煙るようなスモーキーさと力強いモルトの香味を伴う、豊かなドライフルーツの甘み。暖かく、情熱的。のどの奥にペッパーの香りを感じる。 口に含むと甘さを感じるか感じないか、と思ったとたんにまるで嵐のように非常に辛いスパイシーさと、潮の風味が押し寄せてくる。余韻は甘みとスモーキーさ、そして潮の風味のバランスが非常によく、優雅に長く続く。加水すると更にしょっぱいと感じるくらい潮が押し寄せる。 口に含むと真っ先に舌に黒胡椒の風味が表れ、その後ピートの風味が押し寄せる。スパイスと赤い果実の風味が入り混じったようなクリーミーなスモーキーさが表れる。 口当たりは甘く、次第にスモーキーでタールの香りが広がる。非常に力強く、まるでスカイ島の有名なクーリン山の火山爆発を思わせるような荒々しさ。 前面に甘みが広がり、その後、かすかなスモーキーさを伴ったより主張の強い味わいへと変化する。全体的に暖かみのある味。次第にスモーキーさ、タール、トフィーといった味が立ってくる。
フィニッシュ 食欲をそそる甘みを伴った、広大な、長く暖かいペッパーを伴うフィニッシュ。 クリーンで温かみを感じる。 ドライなスモーキーさが消えずに非常に長い余韻を残す。 独特の黒胡椒のようなぴりぴりとした口当たり。 中くらいの長さのフィニッシュ。特徴的なチリペッパーのような香りが後味の中にかすかに感じられます。

タリスカー 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

男性的と言われるウィスキーですが、確かにそうなんです、主張の強すぎるパッケージ、価格の割にやたらと豪勢な箱、詮を抜いたら漂うヨード、口に含めば幼い記憶の磯の探検が広がり、未来は誰のためにあると言わんばかりにすぐに駆け抜ける嵐。暴風雨です。台風です。コロニーが落ちるくらいの衝撃があります。HOSを搭載してたら確実に暴走。方舟崩壊です。ただ、恐ろしい程に一瞬だけ猛烈に甘い。とっつきにくいクール系の女性が一瞬だけ見せる笑顔のような輝き。大抵、男はそういうのが好きです。どうしようもない生き物なので惹かれちゃうんです。普段から「ふーん、それで?」とか言ってるクール・ガールが「ふふッ」って微笑んでみな、飛ぶぞ。アイラよりも更に海。とにかく海。海海海。まさにセイレーン。正直、ラフロイグよりも好き嫌いが分かれるかと思います。アイラを一通り飲んで大丈夫な人じゃないと恐らくダメです。初ウィスキーにタリスカーを飲まされた人は問答無用に怒っていいです。ただ、この歌声の虜になってしまったが最後。確実に"沈み"ます。飲み方はストレート、トワイスアップ、ソーダが個人的にはお気に入り。カクテルベースには出来そうもないし、これでパーフェクトマンハッタンなんか作ろうものならヨード臭で軽く気が狂えるかもしれぬ。個性の塊なので常に飲みたいと言うよりも、たまに無性に中毒症状が出るタイプです。これは間違いなく現代のアーバンなセイレーン。構成するポイントは男性的ですが、全てを含んだ全体像としてみると何故かとっても女性的。好きか嫌いか、逃げるか食われるか。私は食われました。骨になりました。これを読んだあなたも食われるはずです。いや是非食われてください。そして骨の墓場に身を連ねましょう、タリスカーを胸に抱いて。スカイ島に魂を馳せて。
アイラ系がアホみたいに高くなっているので、少しでもお手軽な銘柄を試してみたくなり購入しました。確かにピート感はそれなりにはあるものの、やはりボウモア、ラフロイグ、アードベックと比べると、どうしても物足りなさを感じてしまいます。ピーティーなスコッチとしては、初心者向けかとは思います。
う~ん、旨い!個性的で癖になる旨さ。ヨードチンキとか正露丸とかに例えられる香りは個人的に磯の香りというか、潮の香りというか、まあそんな感じ。口に含むと、潮、もとい塩味が感じられる。初めて口にした時は正直、なんじゃこれは!という感想しかなかったけど、飲むうちに慣れて、段々癖になる。母親も最初はおえ~!という感じだったけど、最終的に気に入ってます。まあ只、人は選ぶでしょうか。
このところ、しばらくは、ブレンデッドや当たりのやわらかいものを飲んでいましたが、久しぶりにスモーキーな物をチョイス。初めてのタリスカー。ずいぶん前から気になっていましたが、ボウモア12年、アードベッグ10年、ラフロイグ10年と経験し、やっとタリスカー10年となります。スモーキー、潮気、磯臭さ、甘さ、スパイシーといった皆さんの感想をみて期待が膨らんでいました。最初はハイボールから。ハイボールの割合は、タリスカー:炭酸水=1:2程度の濃い目で頂きました。開栓時は、ヨード香がまずやってきますね。ラフロイグはヨードのほかに薪や炭を燃やしたような煙たさがあり“スモーキー”ですが、タリスカーは、スモーキーというよりはヨードです。ハイボールを頂くと、力強い潮気が来ますね。磯臭いというより“潮”“塩味”です。これ程までに特徴的だったんですね。感動しちゃいました。先述のスモーキーさん達とは、はっきりと違います。ハイボールでは、みなさんの印象ほど甘さは感じませんでしたが、友人は、甘さが良いと言っていました。甘さは、アードベッグが印象に残ります。一応、荒挽きコショウがあったのでハイボールに振りかけましたが、粒コショウ挽きたての方がよさそうですね。香りが負けています(笑)次に、スニフターグラスでストレートをいただきました。最初に開栓してから1週間経過しています。ハイボールの時と異なり、香りに煙たさを感じました。要因は、時間の経過なのか、グラス形状なのか・・・グラスのような気がします。そしてやはり、潮気が押し寄せますね。ただ、口の中にゆっくりと含んでいると、確かに甘味が感じられます。時期的なものもあり、今はハイボールが美味しいです。

アポトーシス(apoptosis)とは?ネクローシスとの違いも徹底解説

細胞死とは、機能不全に陥った細胞が死ぬことだけを意味するものではありません。生命活動においては、しばしば能動的な遺伝子発現による計画的な細胞死「プログラム細胞死…

2ステップRT-PCRのプロトコール

逆転写PCR(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction:以下RT-PCR)は、DNAを増幅するPCR技術を…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<インタビュー>山口太郎-医学領域への恩返しのためのキャリアチェンジ

京都大学大学院医学研究科「医療領域」産学連携機構(KUMBL)の特定講師である山口太郎先生は、工学部出身で電機メーカーの知財部門に所属した経験を持ちながら、現在…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

【初めての論文投稿⑩】投稿後からアクセプトまで

投稿後からアクセプトまでにやるべきこと 数々の難関をクリアし無事に論文を投稿し終えたら、ほっと一息。しかし、まだゴールではありません。投稿した後には、いったい…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

【初めての論文投稿⑥】本文の書き方のポイント

英語で論文を書く作業は、慣れないうちはなかなかハードです。何から手を付ければいいのかわからず途方に暮れる人もいるかもしれません。しかし、論文の設計図である「アウ…

がん細胞の特性を知るための3D培養

3D培養でがん細胞の特性を知る 抗がん剤の開発では、これまで2D(二次元)の平面培養で成長させた細胞株を用いてさまざまな研究が行われてきました。しかし、2D培…

逆相HPLCカラムを行う前に知っておいてほしいこと

8種類のオクタデシルシリルカラムを比較 オクタデシルシリル(以下、ODS)カラムは、逆相クロマトグラフィーでよく用いられるカラムです。汎用性が高く分析化学の領…

用途に合わせたTrueGel3Dの選び方

各成分の化学的な特長 3D(三次元)培養は細胞が立体的に増殖可能で、従来の二次元的な細胞培養(2D)に比べてより生体内に近い構造で研究することができるため、再…

3次元細胞培養技術の種類とその特徴

3次元細胞培養技術の選択 3次元細胞培養は従来の2次元的細胞培養に比べ、in vivoの生理学的環境により近く、優れたモデルとして注目されています。 3次元…

カールフィッシャー法でよくあるトラブルと解決法

微量な水分を測定できるカールフィッシャー法 試料中に含まれる水分量を測定したい。そんなとき、最もよく用いられる方法のひとつが「カールフィッシャー法(以下、KF…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

AVIC-HRZ008 対応 GPSアンテナ 受信感度安定プレート付き! 【カロッツェリア】【ミツビシ】【日産】【ホンダ】

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

分子生物学実験の基本 滅菌操作をマスターしよう

滅菌とは 滅菌とは「全ての生物を死滅させるか、完全に除去すること」を指し、分子生物学実験において非常に重要な操作の一つです。大腸菌培養や細胞・組織の無菌培養を…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

担当者が語る!シグマ アルドリッチカスタム製品が選ばれる理由

ライフサイエンスの研究では、カタログにはない試薬が必要になることがあります。特にプライマーやペプチドなどは、必要なオリゴDNAやペプチドの設計だけを考え、作製を…

サンドイッチELISAと競合ELISAによる定量

ELISA法とは 酵素結合免疫吸着検査法(以下、ELISA)は、抗体の特異性と、シンプルな酵素測定法の感受性を組み合わせた技術です。測定は容易で、ターンオーバ…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

阻害剤の基礎知識―低分子化合物の正しい選び方

低分子化合物の性質を知って正しい阻害剤を選択しよう 生理活性を有する低分子化合物は、ライフサイエンス実験において有力な阻害剤として活用されています。例えば、細…

<研究者インタビュー>山口浩明―薬物動態を臨床の現場から研究する意味

様々なラボを渡り歩いて見つけた使命とは 東北大学病院副薬剤部長の山口浩明先生は、薬物動態のプロフェッショナルとして研究と臨床の両方をフィールドに活動されていま…

細胞間情報伝達を担う受容体の働きとは

受容体とは何か 多細胞生物の体内では、無数の細胞が連携して働いています。その複雑な共同作業を実現するため、細胞間では様々な情報伝達が行われていますが、その方法…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

【初めての論文投稿①】執筆準備から掲載までの流れを知ろう

半年後を見据えて準備しよう 「そろそろ投稿論文を書き始めなくては」と思いながらも、なかなか手を付けられないでいる人はいませんか?「何から始めればいいのかわから…

シンプルかつスピーディー!限外ろ過によるタンパク質分画の方法

限外ろ過がタンパク質分画の「不便」を解決する 血液中のバイオマーカー探索などで解析をする際に、あらかじめサンプルを分画することがよくあります。従来ですと、サイ…

免疫沈降で注意してほしい5つのステップ

免疫沈降法とは 抗体‐抗原沈降法または免疫沈降法(IP)は、細胞や組織溶解液中の複合的タンパク質混合物から、特定の抗原を分離するために用いられます。この手法は…

臨界ミセル濃度からHLBまで。界面活性剤の用語解説

界面活性剤の性能に影響を及ぼす因子 多くの研究室で利用されている界面活性剤。様々な種類が市販されていますが、その性能は、実験に使用する際の濃度やイオン強度、p…

必ず押さえておきたい!DNAを取り扱う際の注意点

DNAの化学的・物理的性質を知る ライフサイエンスの研究者にとっては、なじみの深いDNA。しかし、その機能や原理についてよく知っていても、実はDNAの化学的・…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

揮発性有機化合物との付き合い方、シックハウス症候群を例に

揮発性有機化合物が引き起こす「シックハウス症候群」 揮発性有機化合物(VOCs:Volatile Organic Compounds)は、実験のほかにも溶剤と…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

PCR・RT-PCR用酵素の選び方

酵素の選択がPCRの結果を左右する より高効率で高精度のPCRを実現するため、また多様な用途に対応するため、これまでにいくつものPCR酵素やRT-PCR酵素が…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

分析クオリティの決め手「標準物質」とは

「標準物質」は「ものさし」。その選択はとても重要です! 皆さんは、普段、標準物質をどのように選んで使用していますか?深く考えず、物質名だけで選んでいたり、ルー…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

バッファー交換は限外ろ過で効率的に!

限外ろ過を用いたバッファー交換なら作業時間を短縮できる 「限外」とは、制限範囲の外、限度以上という意味を表します。英語では「ultra」。「過度の」「極度の」…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

ISOって何?食品微生物試験に関わる国際基準と概要

国際基準、ISOとは 皆さんも、きっと一度は耳にしたことがあるはずの「ISO」。しかし、その定義や内容を正確に答えられる人は意外に少ないかもしれません。 I…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

ヒトiPS細胞由来心筋細胞の創薬研究における有用性

iPS 再生医療だけではない。創薬研究にも有用。 ひとつの新しい薬を世に送り出すのは非常に困難なプロジェクト。創薬の過程に費やされる期間は一般的に10年以上か…

世界中で用いられる水分測定法「カールフィッシャー法」とは

ライフサイエンスの世界にある法則名の由来と不思議 ライフサイエンスの研究では、様々な法則、手法が用いられています。例えば、ランベルト・ベールの法則、ボイル・シ…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

RI不要のDIGシステムで、より高感度なin situハイブリダイゼーションを

RIを使わない標識法「DIGシステム」とは in situハイブリダイゼーション法(in situ hybridization: ISH)は、ライフサイエンス…

不可逆的阻害剤と温度・pH変化による阻害

酵素活性を阻害する要因 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素活性は多くの要因に依存しています。…

【ブランドストーリー】研究者のための会社、シグマ アルドリッチの歴史

メルクの一員となったシグマ アルドリッチ社のすべて 2015年11月、シグマ アルドリッチ社がメルクの傘下に加わりました。同社は、世界40カ国に生産、研究開発…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

雑誌編集者の心を動かす!投稿論文のカバーレターの書き方

早く知っておくほど得をするカバーレターの書き方 来る日も来る日も実験をし続けて、ようやく論文を書けるデータが集まったのに、その喜びをかみしめる間もなく、今度は…

コツは「素早く解凍」。適切な細胞融解の手順

凍結細胞を適切に融解しよう ECACCなどから入手する細胞の多くは凍結された状態で送られてきます。そのため細胞は使用する前に凍結から起こす必要があります。この…

細胞培養を始める前に。守るべき注意点と無菌テクニック

細胞培養における基本的な注意点 細胞培養の基本操作には、コンタミネーションを防ぎ安全に実験を進めるために、やるべきこととやってはいけないことがあります。他の研…

環境分析で暮らしを守る、メンブレンフィルターの役割

環境分析が暮らしを守る 実験でなにかとお世話になるメンブレンフィルター。実は産業廃棄物処理の現場でも活躍しています。産業廃棄物を処理するとき、日本では「廃棄物…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

抗体の選び方と濃度検討のポイント

抗体実験を始める前に 抗体を使用した実験計画を立てる際には、使用する抗体の種類や、濃度などの条件を選択・判定しなければなりません。また、必要に応じて二次抗体の…

【研究ツールとしての抗体技術】抗原とエピトープ

抗体技術の基本原理 免疫化学を活用した抗体技術は、1970年代初期に免疫標識の研究ツールとして用いられて以降、大きく進歩し、ライフサイエンス研究の多くの分野に…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

ICP・原子吸光(AAS)・イオンクロマトグラフィー用認証標準物質TraceCERT®の特徴とは?

ISO/IEC 17025 とISO Guide 34 のダブル認定 TraceCERT®認証標準物質(CRM)は、ISO 17025(試験所及び校正機関の能…

分析前処理に使う精密ろ過フィルターの選び方

フィルター選びの4つのポイント 分析前処理用に分類されるフィルター製品には様々な種類があります。各メーカーのカタログにはそれぞれの特長が書かれていますが、実際…

実験のパフォーマンスを向上させる!効率的なろ過のコツ

効率的なろ過を行う5つのポイント 普段何気なく行っている「ろ過」作業ですが、ちょっとした工夫や知識で、その効率は大幅に変化します。貴重なサンプルを無駄にせず効…

研究者に伝えたい、研究費獲得のために大切なこと

研究費を獲得するために大切なこと 研究を続けていくには、予算を獲得し途切れさせず運用しなくてはいけません。そのためには、若手のうちから将来のキャリアを見据えた…

タンパク質の凝集を防止する非界面活性剤NDSBのすすめ

タンパク質実験のお助けパウダーNDSB せっかく苦労してタンパク質を精製したのにNMRスペクトルを測定してみたら、サンプルが凝集していて分離したシグナルが得ら…

バッファー調製時のチェック項目(バッファーの基礎知識)

使用前に確認しておきたいバッファーの特徴 研究を成功させるためには実験条件に合ったバッファーを選ぶことが重要です。ライフサイエンス実験用として知られているバッ…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…

アガロースゲル電気泳動後のDNA抽出

アガロースゲルからのDNAの回収 電気泳動で分離したDNAをクローニングなどに使用するときは、DNAフラグメントをゲルから回収して抽出する必要があります。ゲル…

生体サンプルからのダイレクトPCR

生体サンプルからのダイレクトPCRとは 通常のPCRでは、試料から核酸を抽出・精製したDNA溶液を使って行いますが、ダイレクトPCRでは、核酸を分離せずに、細…

pETシステムによるタンパク質発現系構築のポイント

pETシステム、タンパク質発現系構築の注意点 pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシ…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…