366円 Bridging the Gap ミュージック ヒップホップ ウェストコースト 366円 Bridging the Gap ミュージック ヒップホップ ウェストコースト ミュージック , ヒップホップ , ウェストコースト,366円,Gap,/lacertoid1474719.html,the,Bridging,hamazaki.org ミュージック , ヒップホップ , ウェストコースト,366円,Gap,/lacertoid1474719.html,the,Bridging,hamazaki.org 付与 Bridging the Gap 付与 Bridging the Gap

付与 Bridging the Gap 贈り物

Bridging the Gap

366円

Bridging the Gap

商品の説明

Amazonレビュー

Once upon a time, hip-hop was about having a good time and (brace yourselves) getting down! The Black Eyed Peas are bringing that mentality back to the future. They reinvigorated blas� dance floors and seduced discriminating heads with their debut, Behind the Front, and they do it again on Bridging the Gap. In the open-minded old-school tradition of producers like Afrika Bambaataa, the album is diverse and delicious, a grab bag of influences from reggae to drum amp; bass and beyond. Songs like "BEP Empire," produced by Gang Starr's notorious DJ Premier, give the Peas a harder-edged beat to roll with, which they rock rapturously. Then "Weekends," featuring Toronto down-tempo diva "span"Esthero"span", is a fun dance floor number. And these two tracks are just the tip of the iceberg. Bridging the Gaps"span" is a listen-all-the-way-through album. Every drum roll is vivacious, rollicking, and the judicious sample choices meld beautifully with the organic beats. Similarly open-minded, talented guests such as Macy Gray, De La Soul, and Mos Def also stop by to bless the mic. As James Brown would say, "Get up off of that thing, and dance 'til you feel better." --Lizz Mendez Berry

Bridging the Gap

Black Eyed Peasの2ndアルバム。大ヒットした3rdアルバム「Elephunk」でこのグループを知ったリスナーが次に聴くべきアルバムはこれでしょう。3rdがアゲアゲの明るいファンクだとしたら、このアルバムはわりと抑制の効いた土臭いファンク感があり、初心者は少し重たい印象を受けるかもしれません。ただ、聴き辛いわけではないですし、パーティー感がないわけでもありません。フックやコーラスに女性ヴォーカルが起用されている曲も多く、特に2や6などは3rdのポップ感に近いものがあると思います。歌詞は正直つまらないものが多いです。また、ゲストも多彩なので、ここから色んな音への興味も広がると思います。ギャングスターやデラソウルあたりまでは掘っていって貰うと個人的に嬉しいです・・・。ちなみに日本盤は16曲目の後に隠しトラックがあります。
男女のドロドロとか、攻撃的な内容がないので安心して聞いていられます。シンプルな音楽です。
彼らのルーツが垣間見える作品でした。ただ、アルバムとしては極々普通のヒップホップ/ラップですね。
エレファンクから入ったのですが、そのときは、ものすっっごい退いたのを覚えています。たまたまこのアルバムを聴いたのですが、2曲目を聴き終えて、評価は180°変わりました。全曲通しての感想は、全然キレが違い、エレファンクで頭を悩ました、無理に(新メンバーに加わった)女性の声が入ることもなく、ほどよい感じです。ゲストも豪華なんですが、やっぱり彼らが一番輝いてます。ぜっったいクラシックになるでしょう。

介護について知る

目的別に介護サービスを探す