The 交換無料 Dealer hamazaki.org,/expertize1474936.html,262円,The,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,Dealer hamazaki.org,/expertize1474936.html,262円,The,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,Dealer 262円 The Dealer ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ 262円 The Dealer ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ The 交換無料 Dealer

The 交換無料 Dealer 使い勝手の良い

The Dealer

262円

The Dealer

商品の説明

Amazonレビュー

Chcio's real name is Foreststorn Hamilton and he is one of those unique characters who constantly reinvent themselves, always keeping completely abreast of new musical trends. This LA-born drummer has a fairly mainline early background, playing for Lionel Hampton, Count Basie and Lena Horne, then running his own band from the mid-50s onwards, eventually developing the interlocking guitar sound of his Euphoria crew. This 1966 NYC session has a deep groove typical of its time, Hamilton pushing forward two of his soloing progenies, alto saxophonist Arnie Lawrence and the 23-year old Larry Coryell, the latter making his jazz guitar-playing debut. Both players acquit themselves impressively, Lawrence possessed of a keening pliancy, strongly marked by gospel and blues tracks, Coryell similarly inclined towards well-lubricated rock and funk runs. Chico largely eschews any drum soloing opportunities, though he does let rip during the climax of Jim-Jeannie, which used to be the closing track. The album is now supplemented by four succinct bonus cuts from 1962 and 1965, featuring Charles Lloyd on tenor and flute. --Martin Longley

The Dealer

同じインパルス盤の「ママツータイト」を聴いて、リー・モーガンやラムゼイ・ルイスなどのジャズロックと同じと思いきや、いやちょっと違うと思った。そしてプロデュサーボブ・シールとアーチー・シェップの参加のThe Dealer同じコンセプト、ギターのラリー・コリエル今までのプレーヤーと違うロックティーストを含んだサウンドにまいった。
47年前に輸入盤で入手、ガボール・ザボに代わりブーツにギブソンを弾くツッパリアンチャンにびっくりした記憶があります。ゲーリー・バートンのうしろでフィードバック奏法をやれば喧嘩になりますよ!機をみるに敏なハービー・マンのHold on I'Cominではまいりました。残念なのはマイルス・デイヴィスとのアルバムが無いことです。エディ・クリーンヘッド・ヴィンソンとのブルースもグーですよ!