396円 It Ain't Over ミュージック ソウル・RB クラシックソウル Ain't,ミュージック , ソウル・RB , クラシックソウル,It,hamazaki.org,Over,396円,/cheir1474477.html It 大人気 Ain't Over 396円 It Ain't Over ミュージック ソウル・RB クラシックソウル Ain't,ミュージック , ソウル・RB , クラシックソウル,It,hamazaki.org,Over,396円,/cheir1474477.html It 大人気 Ain't Over

It 大人気 Ain't 格安 Over

It Ain't Over

396円

It Ain't Over

商品の説明

Product Description

Limited edition of the stunning 2003 studio album from ex-Mike + The Mechanics frontman Paul Carrack features 15 tracks including 4 bonus tracks, 'Georgia' (Live From Royal Albert Hall 2002 Featuring Rod Argent on piano), 'Love Will Keep Us Alive' (Live From Royal Albert Hall 2002), 'Anyday Now' (Live From Royal Albert Hall 2002) amp; 'The Living Years' (Live From Abbey Road Featuring The London Community Gospel Choir). Absolute.

It Ain't Over

毎日忙しい日々を送っていると、気が付いたら心に固くガードを作って、張り詰めながら生きている。そんな時このアルバムを聴くと、少しづつ少しづつ心がほぐされるような、素直な気持ちになる一枚。愛しいほどストレートなポップスとあたたかいソウルに年輪を重ねたコクを加えて、時には素直な少年少女時代に、時にはおだやかな大人の夜に誘ってくれるよう。心地よい流れに身を任せたり、ダンスフロアに繰り出してみたくなったりとさまざまな表情を見せてくれるけど、それはいつものあの声。温もりあふれる手作りなサウンドは変わらず。おすすめです!
あっ、これは持っていなかったことに気づき、即購入。ボーナストラック4曲入りのクヲォリティ高い珠玉の1枚と思います。最初聞いたときは、「ああ、またソウル系でちょっとキャッチーなアップテンポもありのPaulおじさんらしい曲に仕上がっているな。」とそこそこの感想だったのですが、改めて聞くと、しっとりとした円熟味が加わったアルバムであるという事を再認識しました。“Anyday Now”のアレンジなんかはゴスペルクアイアといい感じで深みを出すものとなっている気がします。スタジオレコーディングとは違うLiveの感じが伝わってきます。 ジャケットではぼんたん履いた不良のおっさんが中近東の帽子をかぶってギターを持っているというインターナショナル!?なPaulの姿がなんとも言えません。 ギターやホーンセクションとキーボードの絡みや使い方はさすがPaulおじさん。コーラスの入り方も相変わらずいい感じでもって行きはりますなと感心。“Never Too Late”でのファンキーな感じの音やら“Ain't No Love”での「タメ」をしっかり入れたボーカル、アップテンポのリズム展開など小技が至る所に散りばめられてあります。サビのボーカルへ持って行き方は健在ですな。“Georgia”でも丁寧にブルース聞かせてくれますし、いろいろ楽しめる一枚と思います。 
「One Good Reason」以外でのソロ作で成功と言える成功は無し。Mike + The Mechanicesのリードヴォーカリストとして90年前後に脚光を浴びたが、音楽的流行の変遷によりM+Mの旬は非常に短かった。「How Long」やNo.1シングルの「Living Years」といった大ヒット曲のヴォーカルを勤めているのに何故か地味な感が拭えない職人であるCarrack。「One Good Reason」以降はRamp;Bへの傾倒が非常に強くなり、Pop/Rockの職人シンガーというよりもRamp;B又はブルーアイドソウルの歌い手という色合いが濃くなっていた。しかし、このアルバムは久々にポップで親しみ易いCarrackが戻ってきている。「One Good Reason」以降のアルバムはどれも完成度という点では非常に高いが聴き易さでいえば、ヒットアルバム以来15年間ではピカイチである。#1「Nothin' to Lose」からCarrackのポップセンスが炸裂。とはいえ、パワーポップのギラギラしたコマーシャルさではなく、温かみのあるポップスの良心的なメロディとアレンジ。全体的に非常にクオリティが高いので、Steve Winwood(80年代の)やMichaelMcDonald(Doobie時代やソロ初期)が好きなリスナーなら必聴。
本アルバムは、ポール・キャラックの15作目(エクストラ・リイシュー版除く)のスタジオ・アルバムで2012年にリリースされたものである。R&B・ソウル・バラードを主とするシンガー(ソングライター)ながら、再結成後のイーグルスのティモシー・シュミットがフィーチャーした「Love Will Keep Us Alive」(『 Blue Views 』・96年でセルフ・カバー)が著名だろう。また『 One Good Reason 』(87年)では、ジャッキー・デシャノンのオールド・スタイルのバラード・ポップ「When You Walk in the Room」(『 ブレイキング・イット・アップ・オン・ザ・ビートルズ・ツアー!(Breakin' It Up on The Beatles Tour !) 』64年)を、8ビートのソフト・ロック・テイストにアレンジするなどポールらしい味付けである。本作の翌年2013年には『 レイン・オア・シャイン (Rain Or Shine) 』では、本作をほぼ踏襲したテイストでリリースしている。フィーチャーされたナンバーを観ると、R&B・ポップで軽快なリズムのタイトル・ナンバー「Good Feelin' About It」、同じくR&B・ソウル・ポップの「Marmalade Moon」、「 Nothing Without You」、「I Don't Wanna Lose Your Love」、「Time To Move On」、ソウル・ブルースの「I Can Hear Ray」、「Make It Right」、「A Child Is Born」、バラード/ポップの「Long Ago」、「From Now On」、「If I Should Fall Behind」、「When My Little Girl Is Smiling」など、自身の円熟した歌唱力を活かした構成と言える。

      近畿大学学術情報リポジトリ
             Kindai University Academic Resource Repository
 

 

新着情報 / お知らせ

(お知らせ)

2016年4月1日より近畿大学学術情報リポジトリがリニューアルしました。

 

WEKO